考えてみた

BRAHMAN 25th

uni——————————————————–っす

ブラフマンが25周年を迎えるんですね。感慨深い

さてこの記事ではブラフマンとは?の記事です

25周年を記念して25時間YouTubeやってるらしいのでチェーーっく!!

ブラフマンの25時間テレビ

ブラフマンとは

1995年に東京で結成されたバンドなのです。

私との出会いは確か1998くらいでしょうか

仙台MA・CA・NA(まだあるのかな???)

300人くらい入る箱だったような気がします。20年以上前ですな。

当時は日本のインディーズバンドがある一部の音楽マニアではブームでした。ハイスタを筆頭にかなりの数のカッコ良いバンドがいました。

そんな当時コークヘッドヒップスターズというバンドの前座でブラフマンは出演していたかと思います。

前座ですよ前座、確かに結成してまだ3年くらいのバンドなんで知名度はそこまでではなかったかな??特に仙台では知っている人は限られていたのでは無いでしょうか。

ただ・・・演奏が始まった瞬間

衝撃・破壊・衝撃

ただただカッコよすぎなバンドであっという間の30分の演奏でした。

当時前座のバンドの尺は30分程度だったので実際5曲くらいでしたかね

マジ短いんすよ

バンドなんです

そう。バンドなんですよ。

どんなバンドかというと

メロコア

ハードコア

ロック

こんな要素にインディアンなアジアンなスパイス的な要素が

独自の世界観を作り出していた唯一無二の存在感あるバンドだったのです。

どこか宗教チックな音色かと思えば急に絶叫・・・

VoのTOSHIーLOWの存在感がさらにバンドを大きくしていました。

存在感を作れる人ってカッコいいですよね。マイワールドを自然に作れる。

カッコいんです

ただ、なんかのドキュメントでハイスタのケンさんが言ってましたが

演奏は下手くそなんすよね。。(汗)

でもカッチリ、キッチリ、バッチリ決まっているバンドよりも

人間ぽいというか心が揺さぶられるんですよね。

25周年おめでとう!!

継続は力なり

コツコツ積み上げたものはデカイですね

おれ25年続けているものあるかな??

皆さんはありますか??

あ、あった

生き続けている

これだな

これからも

生き続けよう

継続は力なり

おしまいける